出張や旅行で外国でインターネットしたければwifi端末をレンタルで

そのまま使うとある意味で危険になります

近頃はインターネットの環境が整備されたために、多くの人が外国に出張や旅行で出かけてる最中でも盛んにスマホやタブレットなどでインターネットをしている姿をよく見かけるようになりました。しかしその外国の滞在中にインターネットをする場合は国内滞在中と違ってそのままインターネットというわけにはいきません。というのはそのままスマホやタブレットでインターネットをしようとしたら、日本に住んでいる人の場合だと日本の回線を外国で使用しているために国際電話扱いとなってしまいます。そのため後日に何万円ものかなりの高額な料金が請求されることになりかねないからです。これを回避する方法の1つに公衆無線LANの使用があります。これだと料金が実質要らないし、多くの人が便利なので利用してますが、これが整備されてるのは都会の街中だけだし、それに誰でも共通のIDとパスワードで入れるので、下手するとハッカーに乗っ取られかねません。

出張や旅行前に接続端末を日本国内でレンタル

これらの問題を解消するために、外国へ出張や旅行で出かける場合は、あらかじめ日本出国前にwifiというインターネットができる接続端末をレンタルしておく方法があります。このwifi接続端末をレンタルしてくれる会社は日本国内に何社かが存在しています。それを借りて契約する場合は、まずその業者のホームページにアクセスして契約手続きを済ませます。ホームページ上では接続端末の種類やその詳細が掲載されていているほか、外国滞在中の使用料金に関しての掲載もされています。外国滞在中の使用料金は出かける国によって異なります。これを理解したうえで契約をしますが、ほとんどの業者の場合はその接続端末の受け取りは、その会社や自宅で行うのでなくて、国際空港の指定されたカウンターで受け取ることを推奨しています。そのため出発当日に空港のカウンターで受け取ることになります。逆に外国から戻ってきた際も空港のカウンターで返却手続きを済ませることとなります。これで送料などの問題が解消されますが、初めての人あるいは慣れない場合は、時間に相当の余裕をもって空港に出かける必要があります。

その端末の使い方にかなり注意をすること

さて空港で無事にそのwifi接続端末を受け取ったら現地に到着してから、その端末を使用開始となります。この接続端末は非常にコンパクトにできていてポケットに入るくらい小型となっています。そしてその電源はバッテリーで稼働しています。これをスマホやタブレットなどに接続して使用開始となります。なおこれを使えば衛星回線なので都会から離れた田舎などでも使用可能となります。ただこの際に日本国内で使ってる感覚でやってしまわないように注意しないとなりません。というのは契約では使用できる送受信量に制限が課されているからです。送受信量が契約限界を超えると接続できなくなり使えなくなります。そのために送受信量を少しでも抑えるための対策が要求されます。その対策の1つは動画サイトなどを見ないようにすること、そしてセキュリティソフトやその他のソフトを自動更新しないようにすることです。というのはこれらは受信量の多い行為となるので、それだけで契約分の相当数を消費してしまうことになりかねないからです。そしてサイトは常に最小限の調べモノや報告程度にしておくようにするなどします。また逆にブログやインスタなどでの報告でも写真をたくさんアップロードするような行為も極力避けるようにします。

記事一覧